BLOG

ヘルニアになってしまいました。

Posted on 2015-11-02

頸椎椎間板ヘルニアを発症してしまいました。
子供の頃から体だけは丈夫で風邪くらいなら気合いで治してきただけに(ただ注射がコワいだけですが)、病院とは無縁だった自分が自ら病院行きを志願するなんてまさに異常事態でした。

それはある日突然やってきた

7月某日、ある時突然右腕が痺れる症状が出てきました。痺れの感覚としては横向きに寝ていて腕が痺れるあの感覚そのものです。なんの予告もなく突然。ある時はデスクに座ってキーボードに手を添えた瞬間に、またある時は電車の中でつり革につかまっている時、またある時は歩いている時に。
そうこうしているうちに今度は右手人差し指の痺れが酷くなってきたんです。デスクワークをしている自分にとってこれはヤバイ。ホームポジション「J」に触れる感覚が無いんです。

病院へ行く前にネットでいろいろ調べてみるとすぐにわかりました。

頚椎椎間板ヘルニアの治し方は症状と原因を知れば簡単です : nestra(ネストラ)頚椎椎間板ヘルニアの症状・原因を知って適切な治療を!!

症状を見る限り、間違いなく頸椎椎間板ヘルニアだとは思いますが、素人判断ほど危険なものはないので病院へ行くことにしたわけです。

まくら?

病院では早速レントゲン撮影。
しかし、今のレントゲンって凄いですね。撮影してすぐにデスクのモニターに写真が表示されるんですから。感心している間もなく診察開始。
写真を見るなり「あ~、これは間違いなく頸椎椎間板ヘルニアですね~。ここの部分、はっきりと出てますよ~。」
今のところ痺れの症状しかないこと、痛みは無く、私生活に支障が無いことを告げると薬での治療でしばらく様子をみましょう!という。
酒は厳禁だそうだ。自分は晩酌はしないので問題は無いのだが、先生は「ほんとに?ほんとに飲まないの?」といまいち信用していないみたいだ。そして最後に言われた言葉、

「まくら(の高さに)、気をつけてくださいね。」

ただし、こればかりは人によって千差万別、やってみないとわからないという。まくらなんて何個も買って合わなければ捨てちゃうなんて勿体ないし、どうしようかと思っていたら見つけました。

まくら

じゃん、低反発まくらです。
コレ、会社の先輩に相談したら「コレやるよ~」っていただいたものなんです。上下で二段階の高さがあるし、頭の重さでまくらが沈んでくれるし、何といっても頭が安定するからぐっすりと眠れます。丸洗いもできるので衛生面でも問題ありません。

薬?

薬といってもただのビタミン剤です。ビタミンなんちゃらを飲むのがヘルニアには効果的なんだそうです。会社で女の子に「あ~!うちのお母さんもコレ飲んでますぅ~」って言われちまいました。
運転中に突然痺れがくるのは勘弁してほしいものですが仕方ありません。しばらく治療に専念しようと思います。

参考サイト:日本脊髄外科学会|頸椎椎間板ヘルニア

※トップページのサムネイル画像は日本脊髄外科学会よりお借りしました。この場を借りて御礼申し上げます。

最後に・・・

ヘルニアは必ず治ります!治します!!!

RSS Feed  Tags:, ,
Posted in BLOG | No Comments »

Related Posts

関連する記事はありません

 

Comment





Comment