BLOG

旧野蒜駅

Posted on 2018-04-23

正月休みを利用して今年も宮城県に行ってきました。目的地は「旧野蒜駅」。

東日本大震災の津波によって甚大な被害を受けたJR仙石線の旧野蒜駅が震災遺構として保存されています。

海岸線に近く、夏は海水浴客で賑わったそうです。

実際に自分の目で見てみると改めて津波の恐ろしさを実感しました。

野蒜駅はここから500mほど内陸に入った高台に移転、営業を再開しています。

残った「旧野蒜駅」は震災遺構として保存され、公開されています。

駅舎の二階部分は「東松島市震災復興伝承館」として写真やパネル、映像などを展示、上映しているそうです。ただし元旦だったので見ることはできませんでした。

駅舎には他にも公衆トイレやコンビニがあります。

「旧野蒜駅」のすぐ隣には「復興祈念公園」があります。津波で犠牲になった方たちを供養する慰霊碑が建てられています。

海岸に向かって歩いてみました。

ここにはなにがあったのでしょうか?

正面には防波堤のような高台が見えます。なぜもっと早く・・・

道路も完全には復旧しておらず、工事中の箇所が何か所もありました。震災から7年、復興への道のりはまだ険しいんだなと思う反面、これを風化させちゃぁいかん、絶対に忘れてはいけないんだと思うのでした。

RSS Feed  Tags:, , ,
Posted in BLOG | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment