BLOG

6,000km走行後の感想など

Posted on 2019-05-09

9月に納車してから約6,000km走行しました。ざっくばらんではありますが感想など述べてみようと思います。

まずは使用状況ですがほぼ全て街乗り。遠乗りは数回程度という状況です。

CX-3 XD Exclusive Mods AWD

エクステリア

文句なしにカッコイイです。

cx-3斜め前

見る角度によってはボッテリと見えなくもないがそれを差し引いてもカッコイイです。日本車らしからぬデザインは素晴らしい!

インテリア&快適装備

特別装備のひとつ、ナッパレザーシートは体にフィットしてよろしい。
シートヒーターとステアリングヒーターは冬を体験してこの装備の良さがわかりました。もう手放せませんね。

ステアリングヒーター

ランプ類は交換できる所は全てLED化。ダウンライトは暗闇の中で仄かな明るさでムード満点。気になる人もいるみたいですが私は全然気になりません。

室内は広くありません。後席のスペースも狭いですがほとんど一人乗車なので気にしたことがないです。適度な包まれ感がありこのくらいが丁度よいのではないでしょうか?後席を倒せばタイヤが4本積めるスペースが出来上がります。

BOSEシステムですが低音が引き締まり音の拡がり感があってコレはコレで充分許容範囲だと思います。良い音ですよ。

エンジン&走行フィール

2.2リッターのCX-5から1.8リッターのcx-3へ乗り換えていちばん気になる部分でしたが街乗りに関してはまったく問題ありませんでした。

cx-3サイド

ただ、立ち上がりのもっさり感に関してはCX-5同様、かなりイライラする時もあります。右折レーンなどでタイミングを見計らってアクセル踏み込んだのに全然走らずに焦ったことが多々ありました。

エンジンは2千回転を超えると「コレ、ディーゼル?」と思うくらいに一気に吹け上がります。CX-5のような怒涛のトルク感はありませんが。

静寂性は高いと思います。なにせディーゼルエンジンですから。むしろディーゼルエンジンでこれだけの静寂性を考えればすごいことなのではないかと思うほどです。

AWD車にしたのは特に深い理由はありません。強いて言えばマツダのAWDシステムに一度乗ってみたかった!という単純な理由だけです。
で、乗ってみて違いがわかるか?と言われたら残念ながらまったくと言ってよいほどわかりませんでした。雪の山道や大雨の高速道路を走ればなにか違いがわかるかもしれません。

燃費は街乗りで約15~16km/lくらい。

cx-3後ろ

最後に・・・

街乗りに関してはこのくらいのサイズが丁度良いのではと思うくらいに乗りやすいクルマです。

でも、高速をメインに遠乗りを楽しむのであれば私は間違いなくCX-5やCX-8をおすすめします。

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment